作家になりたいが何をすれば……

・相談

 ・小説など、文章を書いている方に質問です。
自分は、今中学生なんですが将来は小説家など文に携わる仕事をしたいと思ってます。
いつから小説家などの職種に就きたいと思って目指し始めましたか?
また、なるためにどんなことをしましたか?

・回答

・あっこれまだ誰も答えてないじゃん! というわけで不肖私がお答えします……!

小説家「など」になりたいとのことですが……ただ文章を書いて金を貰うというだけの仕事と、プロの商業作家とには相当の差がある話なので、ここは一つ「商業作家」になりたい中学生へのアドバイスをしたいと思います!

残念ながら私はまだプロではないのでwwwwwwww あなたにできるアドバイスは「作家になるには何が必要だったのか」という話になってしまいますが。

作家になるのに必要なのは、文章力ではありません。
小説を書き続ける意志と理由だけです。
それさえあれば、必要なものはいつか勝手についてくるはずなのです。

「小説家になりたい」のと、「小説を書きたい」のには、相当の違いがあります。
さらに言えば「なぜ、何を、小説に書きたいのか」それが一番大事だと私は思います。

書くことがなくなった人から、やめていきます。
私はプロじゃないけど、もう二十年以上書き続けてきました。
まわりの人たちは皆やめていきました。
書くことがなくなったからです。
私の知る限り、今のところ帰って来たひとはいませんが、ツイッターでは「ブランクはありますがまた小説を書くことにしました」と言う方がたくさんいるので、いつか戻ってくるかもしれません。

書くことがあれば、戻ってくるでしょう。
小説家は、小説に書くべきことを持っているひとです。
それは何かのトラウマだったり後悔だったり、たまにはひょっとして悟りをひらいてその内容を世の人に伝えたいという方もいるかもしれませんが、まあとにかく、そのひとにとって書かずにいられない「何か」です。

あなたにはそれがありますか?
今は見つからなくても、大丈夫。
あなたはまだ中学生ですから……!

本なんていつでも読めます。小説なんてこれから先、イヤと言うほど書けます。
私が今、中学生だったら、とりあえず全力で遊び回ります。

漫画読んでアニメみて、夜通しラジオきいて、友達とゲーセン寄ってラーメン食って、好きな子のあとつけたりしてwwww

あっ、私はあんまりしませんでしたけど、勉強はちょっとはやっといた方がいいですよwwwwwwwwwww

中学生の仕事は、今その若さを全力で楽しむことだと思います!
それはあなたが将来作家になっても、ならなくても、どちらにせよ財産にしかならないと思います。

ま、中学生に言ってもきっと「負け犬が何ぬかすんじゃ、俺はお前と違って天才なんじゃい、そんな平凡なことやってる暇はねえ」としか思わないでしょうがwwwwww それもまた若さの行使、存分に生意気に生きていってくださいね……!

若き魂に、精一杯の祝福を……☆(まあお)

back,png.png