初心者はまず何を?

・相談

 ・最近、小説書く事を始めた新参者です。自分の作品を良くしたいんですが、何から始めるべきでしょうか?
作品は短編2本完成して投稿済み。長編1本書いて投稿しながら随筆している最中。もう一つ長編1本があってプロットの段階です。

・回答

 ・ご質問ありがとうございます!

おっ、最近はじめられた方ですね^ ^ノ めんそ~れ! あんまり金になるようなとこではないので粗茶しか出ませんが、どうぞどっぷりしていってくださいねww

まず、あなたにはすでに素晴らしいところが、いくつもあります。

短編が2作品も完結していること! さらに、それに留まらず、長編も執筆中&構想中、順調極まりないスタートですね! しかも向上心まであるなんて、最高じゃないですか!

・世の中、完璧主義という癖がありますが、こと小説に関しては、これは予後が悪いです!

なぜって、なかなか完璧にならないので、いつまで経っても作品が仕上がらないからです;^ ^ いや、ほんとですよ。誤字脱字から文法ミス、ストーリーのねじれ・よじれ、回収されなかった伏線……色々ありますが 「後で直しゃ、いいや!」くらいの軽い気持ちでどんどん作品を作った方が、上達は早いです。

一部の天才は「はじめて書いた小説がン万部売れちゃって、いやあまいったまいった^ ^」なんてこともあるようですが、多くの場合は、書けば書くほど「こなれて」きます。こなれたからいいのか、というとそれはまた別問題ですが、おおむね、数こなしていけば少なくとも自分が生まれてはじめて書いた物語よりは、よくなっているのが、普通です。

ですから、とにかくたくさん書くのがいいんじゃないかと、私は思います^ ^ノ

・さらに余力があるのなら、読みましょう!

読むのは、本当に大事です。少なくとも、漢字検定で出てくるような難しい漢字をたくさん覚えて「語彙力アップ^ ^」とかに時間を使うくらいだったら、とにかく他人の書いた小説を読むことをおすすめします。

友達の書いた小説を読むのも、楽しいものですよ。プロの作品とはまた違った面白さがあったり、友達がどんどんうまくなっているのが分かったりすると、こっちもぼんやりしていられないなToT と思ってがんばれますね。

もちろん、プロの作品はもっと読むべきです。最近のヒット作から、前から名前は知っていたけど読んだことなかった作家さん、国内外の古典やなんかも読むと勉強になりますし、さらに言えば

・小説以外の本も、とにかくなんでも読みましょう!

中には辞書全ページ読みますなんてツワモノもいるみたいですからね。どんな本でも読んで損することはありません。つまらなかったつまらないなりに、なぜつまらなかったのかを分析して読みましょう。

小説を書くひとの視点で本を読む、というのは、なかなか気づきの多いものなのです。

というわけで、ご質問の答えをまとめますとこうです。
基本的には今のまま、気のむくままに楽しく書いて、それから時間を見つけて、たくさんの本を読みましょう!

特殊な勉強法もあるにはあるんですが、人生なにごとも、基本がしっかりしていないとダメです。焦らず、一歩ずつ、楽しく歩んでいってくださいね^ ^ノ

ここまで読んでくださったすべての作家さんが、素晴らしい作品を完成させますように……☆

(まあお)

back,png.png