文学を小説サイトに出す意味?

・相談

 ・小説家になるにはやっぱりサイトにアップしたほうが早いんでしょうか?
  でも、私が書いてるのはライト文学、文学系なんです。
  その場合はやっぱり賞に出したほうが賢いのでしょうか??

・回答

 ・これねえ……「人によります」よ、たぶん。

  というのも。「小説家になる」という目標自体が、とてもファジーなのです。どういう小説家になりたいのか、どんな分野の小説で、どの出版社から、何万部! 売りたいのか。

  変な話、無料投稿サイトに定期的に投稿するだけでも「作家」と認められることはあります。実際、私は(今のところは)一部の方から作家読みしていただけていて、何か書くたびに反応を頂戴しています。

  毎日感謝はしていますが、しかしそれはそれとして、作家として「収入!!」を得たいという目的があるので、出版社の主催する新人賞に応募もし続けています。

  注目度の高い賞は、だいたい倍率は500倍程度という認識でいいと思います。そういう賞は、アマチュアで投稿歴のある方ばかりか、プロも出していますので、プロと戦って勝てるものを、コンスタントに書き続けなければいけません。

  とは言え。ある日突然「なんか書いた^ ^」という方がひょいと新人賞ゲットしたりもしますから、あまり気にしなくて大丈夫です!

  質問者様のジャンルはライト文学、文学系とのことですので、「現状に限って言えば」投稿サイトに無名の状態で出して、たまたま目にした編集者さんがメールで連絡してきてあれよあれよと出版・芥川賞ゲットで時の人……! という可能性は「かなり低い」と思いますが、世紀の天才の場合はそんなこともあると思いますので、気軽にアップしてみるのも、いいかもしれません。

  あおっているわけではなくて、本当に、埋もれている天才作家は、ものすごい人数いるということを、知っているだけです。
  あなたも投稿してみたら、それが分かるかもしれませんよ!

  結論としては。時間もったいないし、思いついたことかたっぱしから試してみては? 運がよければ、道は拓けます!

(まあお)

back,png.png